一緒に食べるおつまみがいけない

太らないためには、脂肪分の少ないおつまみや、脂肪の吸収をおさえてくれる食物繊維の豊富なおつまみなどをとるといいっていわれてるけど、そういうおつまみってあまりビールにあわないのが事実。
 私の場合さらに、仕事柄、お酒をのむ機会は外国、それも東ヨーロッパで多いので、おつまみの種類が限定されるのも難。ダイエット向きにお勧めのおつまみ、例えば、豆腐料理とか内臓系とかいったものはない。豆腐料理があったとしても、味が濃かったりで、結局塩分をとりすぎたりする。
 もうひとつ、ビールをやめた最大の原因は、発泡性だからお腹が張る、ってこと。これが、エクササイズやウォーキングのときにいまひとつ調子が出ない原因になってたの。だから、カロリーは低くても、味がいまいちで、同じようにお腹は張る発泡酒をのもうとは思わないのよね。
 結局、そこまで面倒なこといろいろ考えてのみたいかなぁ、と考えたとき、やめちゃえ、ってなった。幸い、昔は酒のみの代名詞だったロシアや東欧圏でも、最近は若い人を中心にのまない人が増えているので、のみを強要されたりはしない。どうしてものむ必要があるときは、ワインにしてもらってる。平均余命まではまだ50年くらいあることだし、70歳くらいになって、もう足痩せも良いかなぁ、ってころに再開しようかな。

脱毛サロン悪評の判断

そういった意見については、どうなのか?
やはり褒め言葉と同じように、話半分で信じていた方がいいのか?

いえ、悪評の場合には、もっと真剣にラパルレの意見を聞いた方がいいと思います。
褒め言葉と違って悪口って、物事の真実を的確に表していたりする場合があるんです。

だって、人を褒めるのってすごく簡単ですけど、でも、誰かの悪口を言うのってエネルギーが必要じゃないですか?
何も不快な目に遭っていないのに、そうして悪評が書けるものでしょうか?

そうしてラパルレの悪評を書かれるということは、その脱毛サロンにもそれなりの原因があるということなのです。

もちろん、その悪評の全部を信じろとは言いません。
なかには、イラズラ心で書かれたものだってあるでしょうし、また、脱毛サロン側には何の落ち度もないのに、逆恨みに近い感情で書かれたものだってあるでしょう。
しかしそれでも、わざわざ悪評が書かれるということは、きっと何かがあるはずなのです。

日本には、昔からこういう言葉があります。
「火のないところ、煙は立たず」
なので、褒めている口コミはあくまで「他人の意見」として捉え、悪評・ラパルレの悪口に関しては、
「もしかしたら、自分も同じ目に遭うかもしれない」
という考えで、読むようにしましょう。
ラ・パルレ

カミソリと比べて肌への負担も少なく

カミソリでの自己処理は仕上がりもきれいじゃありませんし、また肌を傷つけたり、肌トラブルを引き起こすリスクも高いので、決してお勧めは出来ません。
なので、「カミソリによるムダ毛処理」ではなく、もっと別の方法をご紹介したいと思います。

それは、「脱毛クリーム」「脱毛ワックス」「脱毛器」を使ったムダ毛処理です。
「脱毛クリーム」や「脱毛ワックス」は、薬屋さんに行けばすぐに購入することが出来ますし、「脱毛器」も電気屋さんに行くか、ネットショッピングのサイトにアクセスすればすぐに見つけることが出来ます。
これらはとても便利な脱毛アイテムで、それぞれ使い方もとっても簡単。
初めての方でもすぐに使いこなせるようになると思いますよ。

そして何より、カミソリと比べて肌への負担も少なく、仕上がりもきれい。
お値段だって脱毛サロンに通うことを思えば、とっても安く済ませることが出来ます。

脱毛して美肌を手に入れたいけど、脱毛サロンに通う暇もお金もない…。
そんな方は是非、今ご紹介したような脱毛アイテムを使って、自宅で脱毛してみて下さい。
きっと想像以上に簡単に、自分でムダ毛処理することが出来るはずですから。

ムダ毛のないきれいな肌

女性なら誰しもが、ムダ毛のないきれいな肌に憧れるものですよね?

また今では女性に限らず、男性の中にもムダ毛のないきれいな肌を求める人は、少なくありません。

では、そうした「ムダ毛のないきれいな肌」はどうすれば手に入れることが出来るのか?

そう質問された人の多くは、きっとこう答えることでしょう。「脱毛サロンに通って、脱毛してもらう」と。

もちろんそれは間違いではありません。

しかし、方法はそれだけではないということも、知って頂きたいのです。それは…「自宅で自己処理する」という方法です。

いくら料金が安くなったとはいえ、自己処理と比べると当然ですが脱毛サロンに通う方が費用はかかります。

それに人気のお店なんかだと、予約を取るだけでもひと苦労ということもありますが、自宅での自己処理であればそんな煩わしさもありません。

自分のやりたい時に、やりたいだけ脱毛することが出来るのです。ですが、こう不安に思われる方もいることでしょう。

「きれいな仕上がりになるかな?」

「肌を傷つけたりしないかな?」

もしあなたが、「自宅での自己処理」と聞いて「カミソリによるムダ毛処理」を想像したのであれば、こうした不安を持たれるのもごもっともです。

使い心地よし、ジェルウォーター

ジェルウォーターだからさらっとしてて、使いやすいのがうれしい。保湿成分も豊富だから、出掛けにさっと使えるのよね。ゴージャスな分伸びの悪い有名ブランドのより、ある意味便利かも。何よりさ、バンビウォーターゴールドはゴールドっていうだけあって、金粉がふんだんなのよ。何を隠そう、一番これにハマッテルのがうちの旦那なの。きらきらして眼を惹かれるそうだよ。最初つけたとき、目をくりくりしてわーおみたいな顔作ってた。笑。値段も安いし、あんなに喜んでもらえるなら、今度日本行ったとき、まとめ買いしとこうかな。

私がずっと使ってるのはクラランスのトータルリフトマンスール。これもすごく良いよ。香りも柑橘系で爽やかだし、さらっとしててベタつかないの。今はずっとお風呂上りに使ってる。お風呂はいる前に軽くストレッチ、お風呂のなかでも髪をあらう前に軽くもも伸ばしのストレッチをして、お風呂上りはトータルリフトマンスールをつけてマッサージ。最近はマッサージの前にこの前同僚からもらったセルライトクラッシャーを使ってる。あとは理想の足をゲットするだけ!とにかく続けられるようにがんばろ!

顔のウブ毛の処理

私が個人的にかなりオススメするの脱毛の部分としては顔の脱毛です。

顔にもうぶげが生えていることはご存知でしょうか。なんとなくは知っていてでも特に何もしていないという方も多いのではないでしょうか。

少し毛深い女性だと口の周りに生えてしまって困るので自己処理している女性も多いと思います。

でも、ほとんどの女性は何と無くそのままにしているのではないでしょうか。

私もそのような多くの女性の一人でした。顔のウブ毛についてはほとんど何も気にしていませんでした。

たまに口の周りにのウブ毛が気になる時に、軽く剃ったりしていた位です。でも、先日自分の結婚式の時にブライダルエステを受けた際に顔のシェービングをして貰いました。

あまりの効果に心の底から驚きました。顔のウブ毛を脱毛するオススメの理由をお話ししたいと思います。

まず、顔のトーンが確実にワントーン明るくなったのです。そして、肌がツルツルとキメも細かくなったように気がします。

化粧水や乳液やクリームの浸透もよくなったような気がしました。ぐんぐん肌が化粧水を吸い込んでいっているのを実感しました。そして、化粧乗りがいく段も良くなったのです。

ウブ毛という障害物がなくなったこともあると思いますが、化粧水の浸透率がとても良くなったので肌コンディションもよくなったのではないでしょうか。

それ以来、私は日常的に顔のウブ毛の処理をしています。あまりに剃りすぎると肌に負担がかかるとか剃れば剃るほど毛は濃くなるとか言われますが、そのようなことは全く誤解です。

そのようなことは医学的にも科学的にも証明されてはいません。
今までなかったところに毛が生えてくるので増えたような気がするだけなのです。

私は、顔のウブ毛を処理をし始めて本当に良かったと思います。
だから、顔の脱毛は自信を持ってオススメすることが出来ます。

顔なので、直接カミソリを当てるのはちょっと怖いという方もいらっしゃるとは思いますが顔のウブ毛専用のカミソリもあります。どうしても自分で脱毛するのが怖いというのであれば、理容室でも処理してくれます。または、思い切って近くのサロンまで。

最近では、女性スタッフの方も理容師さんの中にいらっしゃいます。顔のウブ毛を脱毛するだけで、美白効果が有るのです。

脱毛する理由はたくさんあってもしない理由は全くありません。サロンに通うこともできますが自分でしっかり脱毛出来るので、私は顔のウブ毛を挙げたいと思います。

ブラジリアンワックスは、その名の通り

ブラジルで生まれたワックスを使った脱毛です。
ブラジルは、Tバック発祥の区になのです。下着だけではなく水着でもTバックを着ている女性がほとんどです。

そんな露出の高い女性が多いので脱毛の意識は日本よりずっとずっと進んでいます。

全身はもちろん、アンダーヘアへの脱毛も当たり前のようにする感覚を持っているのです。

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアをお手入れするためにあるワックスです。

透明な茶色の飴色のワックスを脱毛したい部分に塗ってしばらくおいて脱毛するのです。

毛根から根こそぎ抜くことができます。使い方はとても簡単です。まず、柔らかくなるまでしっかり混ぜます。ゲル状になれば準備はOKです。

しばらく湯せんなどで温めればさらに効果がアップします。
しかし、最近は温めなくても効果を十分に発揮するタイプのワックスも販売されています。

その用意できたワックスを脱毛したい部分に薄く広げて行きます。脱毛したい毛はすべて埋まるようにしっかり塗り込んでいきます。

しばらくそのままで置いておきます。ワックスがしっかり固まったのを見て、毛の流れに逆らっていっきに抜いていきます。

ある程度の痛みはありますが、慣れてしまえばだんだんと気にならなくなります。

そして、このワックスを使った脱毛の良いところは毛根から処理できるということです。

しっかりと毛根から抜くことで処理と処理の期間がながくなります。その分、肌にかかるストレスも一気に抑えることができます。そして、毛根からしっかり処理することで毛根をだんだんと弱らせることが出来ます。

毛根が弱るということはだんだんと生えてくる毛が薄く細くなるということです。永久脱毛ではないので、全く生えてこないというわけではありませんが眉毛を抜きすぎて生えて来にくくなった経験を思い出してください。

そのような原理でだんだんと毛が生えにくくなるのです。

そして、このブラジリアンワックスは全身どこにでも使うことが出来ます。腕や足はもちろんですが、デリケートゾーンにも使うことが出来るのです。

oラインは流石に難しいですが、YラインとIラインはしっかり処理することが出来ます。

デリケートゾーンはなかなか脱毛サロン通って処理するのは
恥ずかしい部分なので、自分で安全に出来るのはとても嬉しいですね。

まだまだ日本では馴染みの少ないブラジリアンワックスですが、効果は期待以上だと思います。

脇の自己処理にうんざり

私は、もう何年も前に脇の永久脱毛をしています。

自己処理にうんざりして脱毛すること決意しました。まだ学生の時だったのでかなり勇気はいりましたが、脇のプランだけだとどてもリーズナブルに出来ることが出来ました。

私は、友達と一緒にいって友達キャンペーンのようなペ割引で行いました。

今でも、いろいろなキャンペーンがあるので是非、一度見てみてください。

脇だけだったのですが、しつこい勧誘もなくとても親切に施術してくださいました。

ただ、その頃から永久脱毛のブームがきつつあったので予約は取りにくかったです。

いつでも好きな時にいけるのではなく、生理周期にあわせての予約なので自分で予定を立てて、時間を作るのが大変だったなという記憶もあります。

学生の時間がありまっている時でそう感じたのですから、働いているOLさんなどでは予約を取るのはもっと大変かもしれません。

2年ほどのプランで通いました。2ヶ月から3ヶ月に1度のペースで通えば良いのです。

だんだんと、毛がなくなって肌の状態が綺麗になるのを見るのはとても楽しかったです。私は、フラッシュ脱毛という脱毛方法で脱毛しました。本当にしてよかったと思います。痛いと思ったことも全くありません。

自分で処理をして、肌がぼろぼろになっていたのですが永久脱毛を始めて自分で処理することがなくなったので肌も綺麗な状態へと自然に戻っていくのです。

このことが何よりうれしかったです。

フラッシュ脱毛は、永久的な効果は期待できないと言われていますが、私の脱毛の契約期間を終えてもう何年も経っていますが未だにムダ毛は生えてきていません。

脇だけでなく、他の部分もしたいと思っているくらいです。

脱毛に対する思いは人それぞれいろいろあると思いますが、殆どのひとの感想は

脱毛してよかったと言っている方が多いような気がします。

今まで、自分で処理していたと思うと自分でもすこし笑ってしまうことがある位です。

脇は自分で処理すると、労力の割りに結果につながりにくいと思います。

処理しきれない細かい部分もありますし、無理な体勢での処理となることもあります。

自分で綺麗に処理できるところは自分でしてもいいと思いますが、しにくいところは

プロに任せるのが1番確実だなというのが私の率直で素直な気持ちです。

ブライダルエステ、人生の晴れ舞台

の結婚式を控えている女性にとってとても重要なものです。女性であれば一度は真っ白なウエディングドレスに憧れたことがあるのではないでしょうか。

一生に一度の本当にとてもとても大切な日です。人生で最も美しくて、最も幸せな日ではないでしょうか。結婚式場にはいつでも幸せな笑顔と笑い声であふれかえっています。

そんな人生最良の日に、1番美しくいたいと思うのは女性なら当たり前のことではないでしょうか。

ブライダルエステは、結婚式を行う全ての女性を結婚し式に向けて美しく仕上げる

結婚式のための・花嫁さんのためのエステです。

痩身もあれば、バストアップ・フェイスアップ・アンチエイジングなどいろいろなプランがあります。

その中には、もちろん脱毛のコースもあります。

花嫁さんは当日ウェディングドレスを着ます。ウエディングドレスを着ない方でも白無垢をきるのではないでしょうか。

ウエディングドレスは背中の部分が大きくあいているデザインのものが多いです。

や白無垢も、うなじを大きく見せる着方をします。いつもは気にならない部分ではありますがその部分にもむだ毛が生えていることをご存知でしょうか。

人によって個人差はありますが、必ずといって良いほど全ての女性に生えています。

その部分のムダ毛を処理することで、化粧のりがとても良くなります。

肌のトーンお1トーン上がるのです。だから、ブライダルエステを受ける全ての女性は必ずこのシェービングも行います。

なかには、もともと脱毛したかった部分なのでこれをきっかけに脱毛してしまう人もいます。結婚式前に脱毛をするうえでとても大切なのでは、結婚式がいつなのかしっかり担当者に伝えておくことです。ミスがあってはなりません。

結婚式当日に、脱毛後の処理の痕が見えたり、結婚式までに脱毛が終わらずに中途半端にむだ毛が残っていれば大変です。

ブライダルエステはとてもデリケートで細心の注意を払わなければならないのです。

期間としては、1年前からはじめるプランもありますが脱毛を考えているのであれば、2年前くらいから行っていくのがベストだと思います。

期間的に間に合わないとかであれば、出来るところまで脱毛をしておりて当日はシェービングで対応しても良いと思います。

毛が少なくなった状態のシェービングであれば通常のシェービングより美しく仕上がりますし、脱毛していれば毛穴も目立たなくなります。

ハイジニーナって何ですか?

最近では、ほとんどの女性は脇の永久脱毛をしているのではないでしょうか。

永久脱毛は、すっかり女性にとってすっかり当たり前になりました。

脇だけでなく、背中・手足・顔など全身の脱毛をしている女性が多いのではないでしょうか。

そんな中でも、アンダーヘアを脱毛している女性もとても増えてきています。

アンダーヘアーとはいわゆるデリケートゾーンのことです。

Yライン・Iライン・Oラインのあらゆるデリケートゾーンを脱毛している女性のことをハイジーナと呼びます。その部分ことはハイジーナ脱毛と呼ぶそうです。

いくら、日本人女性の間でアンダーヘアーの脱毛が当たり前になったとはいえまだまだアンダーヘアーを全て処理している女性は少ないのではないでしょうか。

ハイジーナ脱毛は、脱毛先進国のアメリカで出来た言葉です。

有名な映画「SEX AND THE CITY」の中でもアンダーヘアーの事が話題に上がっています。

海外の女性にとっては、デリケートゾーンを処理するのは当たり前のことなのです。

そして、女性にとってだけではなく男性にとってもアンダーヘアーの処理は当たり前のことなのです。

この部分を処理するすることで、ありとあらゆる水着や下着を着ることが出来るのです。

セクシーなランジェリーを着ることだって出来ます。

ハイジーナ脱毛は、アンダーヘアーを全て脱毛してしまうのでなかなか日本人には受け入れられにくいですが、半分だけハイジーナにしてしまうことも出来ます。

半分だけというのは、IラインとOラインはすべて処理してしまいます。

Yラインだけすこし残しておくのです。そうすれば、正面から見たときには普通に見えるのです。

事も出来るので日本人にはこのような脱毛の方法があっているのかもしれないですね。

しかし、ハイジーナに関しては男女の間で考え方に大きな温度差があるのも事実です。

日本人女性は、海外女性の影響を受けてハイジーナ脱毛に対してはすごく前向きに受け入れております。店舗に通うのも前向きに検討しましょう。

しかし、男性のほうではまだまだ保守的な方も多いです。

あまりにきれいに処理しすぎているとそのような職業の方だと思ってしまって少し考えてしまうという意見も少なからずありました。

男女の間で意見が分かれてしまうのはこの脱毛法だけに限りませんが、デリケートな問題だけにパートナーとしっかり話し合っておきたい話ではあります。

デリケートゾーンが細かく分かれている

ことをご存知でしょうか。一般的にデリケートゾーンと聞いて想像されるのはYラインのことでしょう。いわゆるビキニラインのことです。

この部分は下着からはみ出すと恥ずかしいので自分で処理している女性も多いのではないのでしょうか。

それに、Yラインは自己処理もしやすい部分なので気がついた時に家庭で簡単に自己処理することが出来るのです。

しかし、Iラインはそのようなわけにも行きません。背中と同じく自己処理が難しいとされている部分がこのIラインなのです。

では、一体Iラインとはどの部分のことなのでしょうか。具体的に言うと陰部周りの毛のことです。まさかとは思いますが、そのまさかなのです。

脱毛サロンでは、そんなデリケートな部分までもが脱毛できてしまうのです。さらに

脱毛の理由としては、人それぞれ違いますが身だしなみとして行っている女性も多いようです。自己処理は難しいとされているのですが、自分で慎重に処理している女性も多いです。

粘膜が多い大切な部分なので処理するにはかなりの神経を使いますが、絶対に自分で出来ない部分ではありません。

Iラインを処理する多くの女性は、日常的に処理をしているのではなく何かイベントがある前に処理をしていることが多いといいます。

イベントとは、彼氏とのデートや合コンの前など見られることがあるかもしれない時に処理をしているそうです。

確かに、この部分は不特定多数の相手に見られるような部分ではありません。ごく親しい人にのみ見られる可能性があります。

反面、誰か他の人と比べることが出来ないので不安に感じたりしてしまう女性も多いのではないのでしょうか。

そして、日本人は他の人種に比べて色素が濃いといわれています。

なので、どうしてもむだ毛が目立ったしまうのです。それに加えて、日本人の綺麗好きな気質が重なってむだ毛を必要以上に嫌ってしまうのではないのでしょうか。

Iラインを脱毛するメリットとしては、エチケットということもあります。ちゃんと処理しているよいう安心感を自分で自分に与えることもできます。

それとは別に大切な事が、衛生面です。毛がなくなることで蒸れからデリケートゾーンを守ることが出来るのです。

かぶれたりすることもなくなります。不快なかゆみからも肌を守ることが出来るでしょう。

Yラインの処理って必要ですか?

美意識の高い女性の間ではデリケートゾーンの脱毛が話題になってきているようです。

特にビキニラインの脱毛を気にしている女性は多いようです。

ビキニラインとは、Yラインのことです。

デリケートゾーンの中でも、自分で処理がしやすいので注目している女性が多いのではないでしょうか。

Yラインの脱毛をする理由としては、ビキニやTバックを着るときにもむだ毛を気にせずにいろいろな下着や水着を着ることが出来ます。

ローライズのパンツをはくことも出来ます。最近では、Yラインの形をハートにしたりと好きな形にデザインする女性もいるらしいです。

デリケートゾーンの中では、比較的自分で処理もしやすいので気軽な感じに処理できます。そして、いろいろな下着や水着を着れるようになるのでお洒落な女性の中で話題になっても当然だといえます。

では、実際にはどうやって自己処理すればいいのでしょうか。

Yラインの脱毛は、むだ毛の中でもやや濃くてまばらに生えている毛が多いことを忘れてはなりません。処理をするのに使うものは剃刀や電気シェーバーが適しているでしょう。

毛抜きを使う人もいるでしょうが、毛抜きは毛根からすっきり抜ければ問題ないですが、途中で切れてしまえば毛根に負担をかけてしまうのであまりお勧めできるものではありません。

剃刀などである程度の処理をしてしまった後の微調整に使う程度に考えておく方がよいのではないでしょうか。

そして、大切なのは剃刀や電気シェーバーを使う前にはさみで毛をカットしておくこと必要があります。

この部分のむだ毛は濃いものやまばらに生えていることが多いのでいきなり剃刀や電気シェーバーを使うとむだ毛を巻き込んでしまうことがあるのです。

ある程度の長さにしておいて、剃刀と電気シェーバーで形を整えれば完成です。

その後は、しっかり冷却しなければなりません。しっかり冷やした後は、ローションなどで保湿することも忘れてはいけません。

処理する目安ですが、人それぞれの好みがあるので自由でいいですがだいだい横の幅が指2本くらいから3本分くらいで処理する女性が多いようです。

海外セレブの間では、Yラインのむだ毛を小さくするのが最近のブームのようなので

日本人女性のそれと比べると全体的にコンパクトなデザインが主流らしいです。

海外セレブの影響で、日本人女性もこの部分をコンパクトにしたいと脱毛サロンに通ったり自分で処理している女性も増えてきているようです。

Oラインは、自宅でなくエステで

自分で自宅で脱毛するのが難しい箇所といえば、やはりOラインの脱毛ですよね。

Oラインとは、簡単にいうと「お尻」のことです。つまり、お尻のムダ毛処理のことなんです。

脇の下や背中なら、鏡を使ってどうにか自分で処理することも出来るかもしれません。

いえ、もしかしたら、背中や脇の下ですら、自分でやるのは難しいという人もおられるでしょうし、それがお尻となったら…なおさらです。

「でも、お尻のムダ毛処理なんて、やる必要あるの?」そう思われる方もいるかもしれません。

確かにお尻って、そうそう他人の目にさらす機会のある場所ではありませんものね。

でも、けっこうこの部分をエステなどで脱毛してもらう人って、多いみたいですよ。

まずお尻のムダ毛を処理すると、すごく衛生的になるんですね。

ムダ毛があると、どうしてもそこに排泄物が付きがちですけど、ムダ毛がなければその心配もありません。

また、夏の暑い時期や、生理中などには、ムダ毛に付着した汚れのせいで、臭いが出て来ることもあります。

でもこれも、ムダ毛が処理されていればかなり軽減出来ます。

このように、必要ないと思われがちなお尻のムダ毛処理にも、十分行うメリットはあるのです。

簡単に毛を抜く程度なら出来るかもしれませんが、きれいに脱毛するとなると、かなり難しいでしょう。

鏡を見ながらやるにしても限界がありますし、毛を抜く時にもなかなかの痛みが生じます。

だからといって…安全カミソリで剃るなんてことは…。

…想像しただけで、身がすくんでしまいますよね?

なので、Oラインのムダ毛処理はエステサロンなどでやってもらった方が良いでしょう。

「お尻のムダ毛を他人に見られるなんて、恥ずかしい」そう思われるかもしれませんが、相手はプロですので、大丈夫。

余計な感情なんか持たずに、きちんと処理してくれますよ。

それに仕上がりも、自分でやるのとでは比べものになりません。

お尻はどうしても痛みを感じやすい部分なので、多少は辛いかもしれませんが、それでもやはり、自分でやるよりは痛みも少ないですし、肌に傷をつける可能性も低く、安全です。

今まで脱毛といえば、脇の下や腕ばかりを考えていた方も、

これを読んで興味を持たれたなら、Oラインのムダ毛処理も検討してみてはいかがでしょうか?

きっとこれまで敬遠していた、Tバックなどの下着も躊躇なく履くことが出来るようになりますし、

それによってあなたのオシャレにも幅が出て来るはず。たかがお尻のムダ毛と思わず、きれいにしてみては。

施術前に日焼けしてはいけない?

脱毛する前に日焼けをしていけません。

日焼けというのは、極端に言えば肌が火傷した状態です。

こういった状態でレーザーや光による処理を受けたりしますと、肌に予期しなかったトラブルが起こる可能性があります。

そもそも、それ以前に、エステサロンから「処理出来ない」と言われてしまうこともあるかもしれません。

最低でも焼けた日にちと、処理する日にちの間は、一週間以上開けるようにしましょう。

本当は日焼けそのものをしない方がいいのですが…。

夏場だと、海水浴やプールに遊びに行くという方もいるでしょうから、そういう時には処置に影響の出ない程度の日数を必ず開けるようにしましょう。

レーザーや光はメラニン色素に反応する光を照射することで脱毛するため、肌が焼けているとその色素にも反応してしまい、火傷の危険性が出て来るのですが、

針の場合では、ムダ毛の一つ一つに対して電気針を差して処理する方法であるため、日焼けしていても処理に影響は出ません。

ですが、料金はレーザーや光に比べてやや高くなりますし、

痛みも…なかなかのものだという話です。もちろん、そうでないところもあるでしょうが…。

そして何より、針を使った処置は医療行為に含まれるため、エステサロンでは行うことは出来ません。やはり無難なのはエステでしょうね。

なので、あなたがもしエステサロンに申し込んでいた場合、いくらこの方法をお願いしても、やってもらうことは出来ないというわけなのです。

ですので、やっぱり脱毛をする前には、肌を焼くのは避けた方が良いでしょう。

またそれは、脱毛後も同じです。脱毛の終わった肌というのは、とても敏感な状態にあります。

なのに強い紫外線などを受けて日焼けしてしまうと…。

赤く腫れあがったり、痛みが出てきたり、湿疹が出たりと、様々な肌トラブルの元となるのです。

なので、脱毛をするのであれば、ある一定の期間は絶対に日焼けしないという心づもりでいた方が良いでしょう。

やはり夏の薄着の季節になると、ムダ毛が気になり始める人が多いためか、

小麦色の肌でエステサロンを訪れる人は後を絶たないようです…。

そういった方々の多くは、エステ側からお断りされてしまい、すごすごとお店を後にしています。

ですので、エステ行くなら肌を焼かない。肌を焼くならエステには行かない。このことを忘れないようにしましょう。

お店によって料金に違いがあるのは、どうして?

脱毛の料金は、ほんと、お店によって違いますよね?

例えば脇の下のムダ毛の脱毛の場合、極端な例では3000円で出来る店と、3万円かかる店などがあります。

同じ脱毛で、どうしてこんなに違うのでしょう?また、やっぱり高いお店の方が脱毛効果はあるのでしょうか?

そういったことについて、ご説明したいと思います。

まず、脱毛というのは、一回エステサロンに行ってそれで完了、ということはまずありません。一年や二年といった長期間、通い続ける必要があります。

通常のエステサロンでは、二、三か月に一回というペースで通うコースを設定しております。

この場合、一年あたり、六回程度通うことになります。

そして、さっき例に出した3000円の場合、「初回キャンペーン」などによる料金設定である場合がほとんどです。

つまり、一回分だけの料金というわけなのです。

逆に3万円の場合には、一年かけて六回通う分の料金であるわけないです。

だから、ぱっと見には、ものすごく開きがあるように感じられるかもしれませんが、一回一回として考えてみると、それほど違いがないか、もしくは六回通うコースの方が安かったりもするのです。

それ以外にも、お店のある場所によっても違います。

傾向的に、都心部、特に脱毛サロン激戦区である東京の銀座などにある店は、相場よりもやや安めに設定しているお店がたくさんあります。

そして、料金が安いお店の方は駄目で、高いお店の方が安心なのかと言うと…。

どうもこれは一概にはそうと言えないようです。もちろん、あまりに料金の安すぎるお店というのは、

そういったお店の多くが、経費を削減するなどの企業努力によって、そういった料金を実現しているところがほとんどです。

逆に、「これだけのお金を払ったんだから、きっと大丈夫!」

と思っていても、実際通ってみると…。

脱毛技術が低かったり、接客態度が悪かったりと…。

散々な目に遭うこともあります。料金のことはひとまず横の置いておいて、

「安心して任せられるか?」という点を重視してお店選ぶようにしましょう。

インターネットで調べてみると、様々なお店の口コミ情報を見つけることが出来るので、そういったものを参考にするのも良いでしょう。

何せ、実際に通った人の感想なのですから、信用度は高いですよね。

お店のホームページや、口コミなど、そういった情報を複合的に検討し、自分が納得のいくお店を見つけるようにしましょう。

Vラインを施術してもらうのは、恥ずかしい?

女性にとってやっかいなムダ毛と言えば、やはりVライン。

この部分の脱毛を希望する方は多いようなのですが、そういった方が心配に思うのが、

「処理中ってどんな格好をするの?」

ということ。デリケートな部分の脱毛なので、それも無理はないですよね。

では、実際エステサロンなどでVラインを処理する時に、どういった姿勢でどんな格好をすることになるのか、ご説明したいと思います。

お店によって違いはあるかもしれませんが、大抵の場合、紙製のショーツを履くそうです。

そしてショーツの形はTバック。普通にショーツでは処理部分が隠れてしまいますので、これはしょうがないですよね。

そして姿勢は普通に仰向けで行われる場合が多いようです。

特別な姿勢を取る必要はないみたいなので、この点は安心ですよね。

ただし、処理の過程によってはスタッフの方にショーツをめくり上げられることもあるそうです。大事な部分を他人の目にさらすことにもなるのですが…これも脱毛のため。

仕方がないと、諦めるしかありません。

このほか、お尻のムダ毛の処理の場合などには、うつ伏せに寝かされて、やはりTバックのショーツを履き、そして…お尻の肉を左右に広げられたりもするそうです。

これは…慣れないうちは、多少恥ずかしさを感じるかもしれませんね。

世の中にはたくさんいます。つまり、エステサロンのスタッフの方にとっては、そういった光景は日常なのです。

ですから、

「私は脱毛しに来たんだから、これくらい当たり前」と開き直って、堂々と処理してもらうようにしましょう。

変に恥ずかしがったりした方が、かえってスタッフの方にも意識させてしまう結果になるかもしれませんよ。

それに、そうしてスタッフの方に指示された姿勢をきちんと取らないと、処理する手元がくるって、肌を傷つけてしまうなんてこともあるかも。

デリケートなあんな部分やこんな部分に傷を付けるなんて…。

出来れば避けたいですよね?

ですので、Vラインといったような、そういったデリケートな部分の脱毛の時ほど、恥ずかしがらずに、スタッフの方が処理しやすい姿勢を取るよう心がけましょう。

相手はプロなのですから、余計な感情を持つことなく処理してくれるはずですし、

それに、そうした恥ずかしいという感情も、きっと何度か通い続けているうちに、だんだん無くなって来ると思いますよ。

太い毛の方が処理しやすいって、本当?

一般的に、太い毛の方が脱毛しやすいと言われています。

それは、レーザーや光といった方法が、毛根のメラニン色素に反応する光を照射することで脱毛を行うため、太い毛には効果が高いのですが、色素の薄い細い毛などにはあまり効果を発揮しないのです。

そのため、背中や胸、また腹などの太い毛が適していると言われています。

逆に、白髪や産毛などは、脱毛しにくい毛だとされています。

ですので、もしあなたが自分のムダ毛が太くて目立ちやすいと、そういったことでお悩みの場合には、エステサロンに行くことをお勧めしますよ。

きっと、予想もしていなかった効果を発揮し、その太い毛を一網打尽にしてくれることでしょうから。

また、顔の産毛が多くて悩んでいる方などは、ご自宅で器具などを使用して、自己処理するのも一つの手でしょうね。

どうしても効果が現れにくい毛ではありますので、それならいっそ自分でやってしまった方が、お金の節約になる可能性が高いからです。

ただし、今では技術開発が進み、これまで効果を発揮しにくいとされていた顔の産毛なども、エステで行ってくれる所が増えましたので、

「やっぱりちゃんとプロの方にお願いしたい」という方は、一度エステサロンに相談してみましょう。

案外安いお値段で、やってもらえたりするかもしれません。

ちなみにレーザー脱毛は医療行為ですので、エステサロンでは行っておりませんので、医療機関に行かなくてはいけません。

そしてお値段も光と比べるとやや高い傾向にありますが、施術にかかる回数も少なく済み、また効果も高いため、多くの人がレーザー脱毛を希望しているようです。

光は、エステサロンでもやっておりますが、効果はレーザーと比べると劣るようです。

再びムダ毛が生えてくることも、ままあるようです。

しかし、痛みはレーザーよりも少なく、また料金も安いので、ある程度の効果が得られればそれで満足するという方は、こちらの方法を選ばれた方が良いかもしれませんね~。

脱毛は昔と比べて、その料金はどんどん安くなっています。ですが、それでもやってもらうにはある程度のお金が必要です。

ですので、申し込む前には、自分がどの程度の効果を求めるのか?どの程度の時間をかけられるのか?そういったことをきちんと整理し、決めておくことが肝心です。

高額な費用をかけて、後悔するのは嫌ですもんね?

なので、事前にしっかりと自分の考えをまとめておくようにしましょう。ともかく、「太い毛の方が脱毛しやすい」っていう話、これは本当なのです。

どれくらい時間がかかるの?

脱毛にかかる時間は、どこの部位を処置してもらうか?永久なのか一時的なのか?さらには、エステサロンによっても異なると思いますが、ここでは一般的な例をご紹介したいと思います。

まず、レーザー光線で脱毛を行う場合。

レーザーでの処置は医療行為にあたりますので、エステサロンでは行っておらず、医療機関にお願いしなければなりません。

これは、ムダ毛のメラニンにレーザーを照射することで毛が生えてくる組織を破壊する方法で、医療機関によっても異なるでしょうが、おおよそ二、三か月に1回くらいのペースで行われるのが一般的のようです。

そして、効果を実感出来るようになるまでには、五回ないしは六回程度の施術が必要なことから、かかる時間として一年か、それ以上を設定しているところが多いようです。

ただし、効果にはその人の毛の質などによって違いがありますので、これより短く済む人もいますし、また、もっとかかる人もいるようです。

次に、光脱毛の場合。

こちらは医療機関以外でも、普通のエステサロンでも行われております。

そして今、エステサロンで主流となっているのがこの方法です。

この光による方法はレーザーよりも力は小さく、そのため処置に伴う痛みも、肌に与えるダメージも少ないとされています。

ですが、その分、効果もやや劣るようで、脱毛を完了するまでに、レーザーの倍程度かかるとされています。

ですので、こちらも二、三か月に1回のペースで通い続けた場合、二年から三年はかかると考えておいた方が良いでしょう。

また、レーザーのように毛が生えてくる組織を破壊するわけではないので、再びムダ毛が生えてくる確率も高いようです。

なので、ある程度時間がかかってもかまわないという方、また、痛いのが苦手な方、そして肌へのダメージが心配な方向きの方法であると言えます。

そして、処置を行う箇所によっても時間は変わってきます。

脇などの狭い範囲なら、半年程度で終ることもありますが、背中もしくは脚全体といった、広い範囲の脱毛となると、やはり一年以上かかるケースがほとんどのようです。

こう説明されると、「脱毛って時間がかかって面倒くさそう」

そう思われるかもしれませんが、これはあなたの肌を安全に守りながら脱毛するには、仕方のないことなのです。

ですので、逆に、これらの時間よりも極端に短い時間で処置を行うという店は、一概には言えませんが…もしかしたら、危ないお店かもしれませんよ。

大切な肌を守るためにも、脱毛はゆっくりと時間をかけて行うことをお勧めします。

肌が火傷したりすることってあるの?

レーザーや光などの脱毛により、肌が火傷したりするということは、まったくないわけではありません。

もちろん、その数は極めて少ないようですが、ゼロではないのが実状です。

火傷を起こす原因として、まず考えられるのがレーザーや光の出力が強すぎたため。

これは、お店側の責任と言えますよね。よって安心丁寧なサロンを選びましょう。

ですので、アフターケアやトラブル対応のしっかりしたお店だと、提携している病院を紹介してくれたり、また、その医療費も支払ってくれたりするようです。

ですが…あまりまともでないお店の場合だと…。

病院の紹介もなし、また、その後のケアもなし…なんてところもあるようですよ。

ですので、エステを選ぶ際には、こういったトラブルが起きた時には、どのようなケアを行ってくれるのか、事前に必ず確認しておくようにしましょう。

トラブルが起きてからでは遅いのです。

もう一つの原因として、処置をお願いする箇所が知らないうちに日焼けしていたため、あるいは生理中で肌が過敏になっていたため、火傷をしてしまうケースです。

この場合、処置を受ける側にまったく責任がないかといえば、そうも言えなくなってきます。

脱毛を受ける前には、きっとこういったことに関する注意はあると思われますので、必ずそれを守って処置を受けるようにしましょう。

しかし残念なことに、そうして脱毛により肌に火傷を負ってしまった場合にはどうするか?

もちろん、脱毛してもらったエステに報告し、ケアをお願いしなければなりませんが、もし、脱毛を終えて帰宅してから、肌の不調に気がついた時には…。

とにかく、火傷したと思われる箇所を冷たいタオルなどで冷やすようにしましょう。

最低でも、30分以上はそうしてアイシングするようにします。

そしてまだエステが開いている時間なら、すぐに電話をかけて症状を報告し、その後の対応を聞くようにしましょう。

もし、エステがもう閉まっている時間だったら、そのまま応急処置を継続し続け、必ず翌日にエステに電話するようにしましょう。

絶対に、そのまま放っておかないようにしましょう。

それ以外にも、火傷の自覚がないまま時間が経過し、かさぶた状態になって初めて火傷していたことに気づくケースもありますが、

こうして熱さを自覚出来ない程度のものであれば、それほど肌への影響は心配しなくても大丈夫です。特に冷やしたりする必要もありません。

ですが、それでも必ずエステには報告するようにしましょう。

レーザーや光といった脱毛は、それが熱を使用して行う以上、ある程度の火傷のリスクは伴います。

脱毛をお願いする時には、「肌を傷つける可能性はゼロではない」

ということを理解した上で、またそうなった時の対処法もきちんと知った上で、申し込むようにしましょう。

指の毛 脱毛と、あなどるなかれ

意外な部分の脱毛として挙げられるのが、指の毛の脱毛ではないでしょうか?「え?そんなところ脱毛出来るの?」

そう思われる人もいるかもしれませんが、けっこう色んなエステサロンでこの「指の脱毛」は行われているんですよ。

それも、男女問わず、かなりの数の人がしているみたいなんです。

女性の場合だと、指にムダ毛が生えていると、せっかく可愛い指輪をはめても効果半減ですし、

男性の場合は、指や手の甲の毛が濃い人ってけっこう多いので、脱毛してもらう人もまた多いようなのです。

この指の脱毛、「銀座カラー」や「脱毛ラボ」といった有名人気店でもやっております。

しかも、処置する範囲が狭いので、料金はかなり安い。指と手の甲を合わせて、2000円程度でお願いすることが出来るんです。

しかも、処理にかかる時間もとっても短くて、20分くらいで出来るみたいです。

しかしこれだけ説明しても、「指の毛なんて処理する必要あるかな?」

そう思う女性もいるのではないでしょうか?

そういう女性に言いたいのですが、こういう細かな部分に気を配ってこそ、オシャレな女性になれるものなんですよ。

いくらネイルで爪をきれいにしても、美白クリームで手を白く見せても、

指にちょっとでもムダ毛が生えていたりすれば、全部台無しです。

ほんの数本の指のムダ毛で、あなたの努力が水の泡になる可能性があるのです。

なので、たかが指のムダ毛と思わずに、きちんと処理するようにしましょう。

すると今度は、「でも、指のムダ毛くらいなら、自分で処理出来るんじゃ?」

そう思われるかもしれません。

確かに、背中やふくらはぎのムダ毛を処理するのに比べれば、もちろん手も届きますし、目に見える位置なので、やりやすいのは間違いありません。

でも、よく見て下さい。指の表面ってすごくデコボコしてませんか?

こういった表面をカミソリなんかで処理するのって、けっこう難しかったりするんですよ。

それに、指って切るとすぐにたくさん血が出ますので、「血を見るのが苦手」

なんて人には、あまりお勧め出来ません。

もちろん「脱毛クリーム」を使うなどの方法もあるにはありますが、

エステサロンなら、ムダ毛処理だけじゃなくて、ヒアルロン酸効果などでつるつるの肌にしてくれたりもしますので、色々とメリットは多いと思いますよ。

決して高い料金ではないので、どうせならプロの方にお任せして、きれいな仕上がりと肌つや効果を体験してみてはいかがでしょうか?

くれぐれも、たかが指のムダ毛とあなどらないようにして下さいね。

エステに行く前って、ムダ毛は処理しておくべき?

エステサロンで、レーザーや光によって脱毛をしてもらう場合には、必ずご自宅で脱毛してもらう箇所のムダ毛を処理しておくようにしましょう。

ムダ毛が生えていると、こういった処置を行うことが出来ないからです。

目安として、エステサロンに行く二、三日前、遅くても前日には処理しておかなければいけません。

この時の処理方法としては、安全カミソリなどで剃るのが良く、毛抜きを使って抜いたりしてはいけません。

毛を抜いてしまうと、毛根に対して脱毛効果が薄くなってしまうからです。

ただし、多少ムダ毛が残った状態でも処置は可能ですので、皮膚に埋没した毛を無理矢理剃ろうとして、肌を傷つけないようにしましょう。

また、多くのエステサロンでは、処置前のムダ毛剃りは行っておらず、仮にやっていても、別料金を取られる場合が多いようです。

ある程度の金額を支払ってエステに通うわけなのですから、出来る限り無駄な出費は押さえたいもの。

ですので、あなたのお金のためにも、また、スムーズにムダ毛を処理してもらうためにも、事前に剃っておくようにしましょう。

それ以外に、エステに行く前に気をつけることとして、前日ないしは当日にお酒を飲んだりはしないこと。

これは、アルコールにより体の温度が高くなった状態で処置を行うと、肌が腫れるといったトラブルが起きやすいためです。

そのほか、生理中の場合なども、肌にダメージを与えやすい可能性があることから、処置を行ってくれない場合があります。

ですので、予約を取る時には、こういったご自分の生理の周期を見定めながらするようにしなければなりません。

また、処置後にも注意は必要です。

脱毛してもらったその日は湯船には浸からずに、シャワーだけで済ますようにしなければなりません。

雑菌などが入り込む危険性があるからです。

せっかく脱毛してきれいになったのですから、こういったことを守り、余計なトラブルから肌を守るようにしましょう。

このように、脱毛はエステに行く前から始まり、また、行った後も続いているのだと考えておくべきでしょう。

それもこれも、あなたの肌を守るために必要なことですので、

万全の準備をし、安全かつスムーズに処置してもらえる状態をご自分で整えておくように心がけましょう。

そうした心がけの一つ一つが、あなたの肌からムダ毛をなくすための第一歩なのです。

ですので、ムダ毛は必ず処理し、そして処理前、処理後の注意事項は必ず守り、安全に脱毛するようにしましょう。